Art Of Adventure: オースティン

09 Aug 19

シェアする

Art Of Adventure: オースティン

トラベル・ライターのジョナサン・トンプソンさんは2016 年にロンドンからアメリカのテキサス州に移住しました。今回、テキサス州の首都、自由精神溢れるオースティンの魅力や、知る人ぞ知る穴場をトンプソンさんに紹介していただきました。

テキサスと言えばすぐに浮かぶのはカウボーイブーツ、牧場、大きな車、大きな帽子、大きな態度あたりでしょう。何もかもが大きいと言われているテキサスですが、唯一例外なのがテキサス州の首都、オースティンです。

同じテキサス州のヒューストン、ダラス、サンアントニオよりも小さい首都オースティンは多くの面で「変な街」です。超保守的なテキサス州の中で異色を放つボヘミアンタウンはライブミュージックの世界的中心地と言われるだけあって、地元の人々は夜な夜なパーティに繰り出しながらも、早朝にはシャキッと起き出して、ジョギングトレイルやバイクトレイルで汗を流している光景をよく見かけます。健康食文化が非常に盛んで、有名ヘルシーフードスーパーマーケットチェーンの「Whole Foods」を輩出しながらも、テキサス流バーベキューに対する地元愛は止まることなく、ジューシーなステーキを貪るようにして食べる多くの地元民がいます。アメリカで最も成長が著しい街でありながらも、親しみ易いスモールタウン的な雰囲気を保っています。一言で言えば、街で多く見かける車のバンパーステッカーに書かれているように、オースティンは「変な街」なのです。地元民はそれを誇りに思い、「変な街」で在り続けたいと思っているのもオースティンの魅力のひとつでもあります。

Live Music at Stay Gold

"Live Music at Stay Gold" © Visit Austin and Geoff Duncan

もちろんオースティンで何をするかは、各々の好みの「変な」テイストによって様子が異なります。Red Headed Stepchild (East 5th Streetにある Floppy Disk Repair Coの裏手に位置する) のような風変わりな「speakeasies(知る人ぞ知る秘密の隠れ家)」から、飲み物を飲みながらブランコに座ることができる、悪名高いDirty Sixth’ Streetに建ち並ぶ人気のバーまで、あらゆる趣向のバーがあります。(ここでの最善策は、クラフトカクテルラウンジのMidnight CowboyThe Jackalope、または、典型的な大衆酒場の Maggie Mae’sで王道の雰囲気を味わうのも良し)

最近、最も人気のあるエリアはダウンタウンからイースト・オースティンへと移っています。イースト・オースティンにあるWhisler’sLas Perlasといったレトロでクラシックな人気バーではメキシコ伝統の蒸留酒、メスカルが旬のドリンクです。ライブ音楽を楽しみたい時は The White HorseStay Gold、そしてキッチュな Kitty Cohen’sでは、常時プールサイドパーティが開催されています。ビールがお好きならば、Uberタクシーを呼んで街の 北に位置する美しい丘陵地帯のHill Countryにある牧場でビール醸造をしているJester Kingというブルワリーまで足を伸ばすのもきっと印象深い体験となるでしょう。

オースティンは、当然ながら、バーベキューも有名です。ジューシーなバーベキューをたらふく食べられる多くの名店があります。最も有名なのがFranklinというレストランで、国内外で無数の受賞を誇るバーベキューの名店です。しかし、それだけに長蛇の行列ができることが多いのも事実です。そのような場合にはオースティンで最も人気の新店、La Barbecueで、口の中でとろけるようなプルドポークと、サイドディッシュのチポトレ(完熟のハラペーニョ)のコールスローに舌鼓を打ちましょう。セレブのファンも多く、ビヨンセやJay-Zといったビッグスターもお気に入りのレストランとして挙げています。

音楽もオースティンにとって大事な文化のひとつです。全米の2大音楽フェスティバル、South by Southwest (SXSW) が毎年3月に、Austin City Limits (ACL) が毎年10月にオースティンで開催されます。しかし、たとえオースティンへの訪問時期がどの音楽フェスティバルともタイミングがずれてしまったとしても、がっかりすることはありません。というのも、オースティンには250軒以上ものライブハウスがあり、多種多様な音楽のスタイルやジャンルが楽しめます。ライブハウスのナビゲーション用にオースティン市によるガイドもありますのでぜひチェックしてみてください。

Sunset Cruises on Lady Bird Lake

"Sunset Cruises on Lady Bird Lake"  © Visit Austin and Geoff Duncan

ほぼ一年中降り注ぐ太陽の光のおかげで、オースティンはアウトドアの名所としても知られています。ぜひ水着を準備してアウトドア好きな地元のオースティン市民と共に自然を満喫しましょう。Lady Bird Lakeでのパドルボートや、地元民が日頃のストレスを洗い流すために集う湧き水のため池、Barton Springsなど、アウトドア名所が沢山あります。フレンドリー、カラフル、折衷的、そしてクリエイティブなオースティンは全米で住み心地の良い街ベストワンとして頻繁に選ばれる理由が簡単に汲み取れます。「変な街」は誰でも「普通」に温かく迎え入れる深い懐を持つ魅力的な街です。

ジョナサン・トンプソンさん

ニュースレターのご登録

グローブ・トロッターのニュースレターにご登録いただくと、新着製品や限定キャンペーンなどの最新情報をいち早くお届けいたします。

記事内の関連商品