一生の友

26 May 20

シェアする

一生の友

車椅子ユーザーの西澤陽一郎さんは、信頼できる介助犬とグローブ・トロッターのトラベルケースを持って世界を旅しています。

東京を拠点に活動する西澤さんに、彼の忠実な旅の仲間について、そして彼のユニークなケースが世界とのコミュニケーションの手段であることについて、お話を伺いました。

 

GLOBE-TROTTERを知ったきっかけを教えてください。

初めてグローブ・トロッターを見た時のことは、はっきり覚えています。

革靴を磨いたり、メンテナンスしたりするのが好きで、2010年に靴磨き職人の松室さんが33インチのグローブ・トロッターを使ってブラシやポリッシュ、道具を収納しているという記事を目にしました。

その後、松室さんに直接お会いする機会があり、ご好意で松室さんのケースを譲っていただきました。

 

GLOBE-TROTTERのどこが気に入っていますか?

私が物を買うときに最も重要視しているのは、その物を長く使えるかどうかということです。

グローブ・トロッターのトラベルケースは、長く使えば使うほど、自分の一部になっているような気がします。

ケースを使っていると、単に「旅行に行く」というよりも、「旅に出ている」気分になります。

どのようにケースを改造なさったのですか?

13インチのミニユーティリティケースを2つ持っていて、そのうちの1つは介助犬のラッキーのために必要なものを入れるのに使っていました。

車椅子のメーカーに行って、13インチのケースが入るようにカスタマイズしてもらいました。

最初は戸惑っていましたが、親切に対応してくれました。

車椅子を使うには当然両手が必要なので、私は21インチのトロリーケースにベルトを付けて後ろに引っ張るようにしました。

 

ケースに貼られているステッカーについて教えてください。

私にとって、グローブ・トロッターのケースはステッカーなしでは完成しません。

ステッカーを探すのはとても時間がかかります。

飛行機に乗るときは、航空会社にステッカーがあるかどうかを聞いたり、お店に行ったりしています。

今までに200枚くらいは持っていると思います。

ヴィンテージショップも、魅力的なステッカーを探すために目を光らせている場所のひとつです。

家にある2つ目の13インチのミニユーティリティケースに全部入れています。

ステッカーを使うときは、まずテーマや色を考えて使います。

例えば、センテナリー30インチのスーツケースを飾るために、ハワイをテーマにしました。

特に気に入っているのは、13インチのミニユーティリティに貼っている「Middle」と書かれたステッカー。

これはラッキーの前にパートナーだった介助犬の名前です。

 

ケースが道行く人から注目されることはありますか?

車椅子でケースを持って移動していると、どうやってケースを付けたのか興味津々の人に注目されることがよくあります。

空港ではいつも好奇心旺盛な旅行者に質問されます。

介助犬のために使っている13インチのミニユーティリティは、いつも機内持ち込み手荷物として持っていきます。

以前、客室乗務員の方に「素敵なケースですね」と褒められたことがありましたが、「犬用です」と伝えると、とても驚いていました。

空港で21インチや30インチのケースを保護するためにラッピングするかと聞かれても、いつもノーと答えていますが、旅行中のシールや傷がケースについているのが嬉しいからです。

トラベルケースを褒められるとニヤリとしてしまう。

スーツケースは、普段話す機会のない人とのコミュニケーションのきっかけになります。

また、グローブ・トロッターをビジネス用のブリーフケースとしても使っています。

移動中に膝から滑り落ちないように、持ち手をベルトに付けています。

落ちないことに同僚も驚いています。

週に5日使っていますが、膝の形に反り返ってきました。

 

ラッキーさんとグローブ・トロッターと共に、これまでどんな旅をしてきたのか教えて頂けますか?

北海道から沖縄の石垣まで、国内はたくさん行きました。

海外はラッキー君の前の介助犬である、黒のラブラドールのミドル君と、上海万博へ。

万博で日本の補助犬を紹介して欲しいと依頼され、他の方々と一緒に行きました。

ハワイにも3回行ったことがあります。

ミドルと一緒に2回、ラッキーと一緒に1回。

 

最も印象に残っている旅行とその理由を教えてください。

ハワイです。理由は2つあります。

20136月に当時の彼女とミドルを連れて行きました。

1月に何気なく話していたハワイ旅行ですが、本格的に計画を立て始めました。

上海万博の時は、すべて主催者の方にお世話になっていたので、自分たちで手配するのは初めてでした。

情報が限られていたので、管理を代行してくれるエージェントを通すことも検討しましたが、費用が高すぎました。

介助犬を連れてハワイに行ったことのある方のブログを見つけたので、すぐに連絡して情報やアドバイスをもらい、無事にハワイに行くことができました。

 

3日目の昼、アラモアナパークでピクニックをしていた時に、彼女にプロポーズをしました。

彼女の心に寄り添うように、いつもの指輪ではなく、ハートのペンダントが付いたネックレスをプレゼントしました。

嬉しそうに泣いている姿が忘れられません。

私は30インチのグローブ・トロッター、彼女は21インチのケースを持って行きました。

ワインや洋服を買いすぎて、彼女のトロッターに全て入れられず、私のトロッターに入れた覚えがあります。

全体的には、この旅の計画には半年かかりましたが、最終的にたどり着いたときには、それだけの価値のある経験をすることができました。

また、ラッキーと一緒に旅をする自信もつきました。

Mr Nishizawa with Lucky

All images courtesy of hiroki.k

ラゲッジタグが無料に

ニュースレターの新規登録をして、10万円(税込)以上の製品をご注文いただくと、ラゲッジタグをプレゼント!

記事内の関連商品