Virtual Globetrotting

21 Apr 20

シェアする

Virtual Globetrotting

グローブ・トロッターが選ぶお勧めのバーチャル旅行

Photo courtesy of Kirstin Vang / Visit Faroe Islands

 

休暇の旅行の計画はしばらく保留とせざるを得ない状況ですが、そんな今でも世界を探索するチャンスはたくさんあります。オンライン上に次々登場しているバーチャル旅行もそのひとつ。グローブ・トロッターが、その中からとりわけ見ごたえのあるもの、先端技術を使ったイノベーティブなものをピックアップしてご紹介します。自宅でのんびり楽しむ世界旅行を、ぜひ体験してください。

サファリツアーに出かけよう

自宅の窓辺にやってくる野鳥を眺めるのは気分のいいものですが、アフリカの野生動物の近くで目覚める体験だって可能であることを、ご存じでしょうか?ハイエンドなツアーで知られる旅行代理店の&Beyondが、「WILDwatch」と題する動画配信を始めました。アフリカの2カ所の動物保護区から、自動車に乗って野生動物を見学するサファリツアーの様子を毎日2回、ライブ配信しています。ディレクターが4つのライブ画面を駆使して、ライオンやキリンなど野生動物の躍動的な姿を次々に映し出します。45分間の子ども向け動画も毎日配信されているので、家族そろって楽しめます。

Andbeyond.com

 

Photo courtesy of &Beyond

古代エジプトを旅する

エジプシャン・ツーリストボードは、女王メレスアンク3世の墓など、エジプトの主要な観光地4カ所の3D画像を公開しています。鮮やかな画像の中を、まるで自分の足で歩くように自由に移動していくと、繊細に描き込まれた壁画や、5,000年の時を経てなお往年の姿をとどめる彫刻などが、まるで実物を見ているような臨場感で迫ってきます。

My.matterport.com

道なき道を行く

「歩く人が少ない方の道」を選ぶグローブ・トロッターたちが、北欧の冒険旅行を夢見る人にお勧めするのが、フェロー諸島の旅です。
北大西洋の海に浮かぶフェロー諸島は18の火山島で構成され、手つかずの自然が残る群島。今は、島を訪れることができない観光客のために、バーチャルツアーが公開されています。ツアーでは、カメラを装着して岩場の道を歩く撮影者の目線で風景を楽しめますが、視聴者は画面を操作して撮影者を自由に動かしたり、なんとジャンプさせたりすることも可能。国際線の運航が通常に戻るまでの間、フェロー諸島の大自然の美しさをできるだけ身近に味わいたいなら、没入感たっぷりのこのバーチャルツアーが最適です。

Remote-tourism.com

 

Photo courtesy of Kirstin Vang / Visit Faroe Islands

興味の幅を広げてみる

どこへ旅行するにしても、現地の刺激的な博物館や美術館を訪ねるのは、旅のハイライトと言えるでしょう。バーチャルなら、世界各地の美術館を一気に訪ねることだって可能です。アムステルダム国立美術館やサンパウロ美術館など世界中の美術館や博物館がオンライン展示を実施し、バーチャル旅行者を受け入れています。またニューヨークのメトロポリタンオペラ等はコンサートを無料でストリーミング配信していますし、シンシナティ動物園は、動物と目の前で触れ合っているような楽しい動画を公開しています。この機会を活用して、自宅でくつろぎながら、今まで以上に幅広い文化体験をしてみましょう。

Photo courtesy of Erik Smits

アッテンボローと共にダイビングをする

博物学界のレジェンド、デイビッド・アッテンボローと一緒にダイビングができたら、と考えたことはありませんか?今なら、それが可能です。キャスターとしての顔も持つアッテンボロー氏が新しいインタラクティブサイトを立ち上げ、オーストラリアのグレートバリアリーフを案内しています。リアルな水中映像とともに、アッテンボロー氏が60年以上に及ぶサンゴ礁研究で培った深い知識も紹介する充実した内容。自然愛好家の夢が実現したようなサイトです。

attenboroughsreef.com

ラゲッジタグが無料に

ニュースレターの新規登録をして、10万円(税込)以上の製品をご注文いただくと、ラゲッジタグをプレゼント!