Globetrotting With...ジェームス・ベイム

16 Oct 18

シェアする

Globetrotting With... James Beim - GLOBE-TROTTER

ハーリンガム・ポロ協会とのパートナーシップにより誕生した特別限定カプセル・ラゲッジ・コレクションの発表を祝し、イングランド代表ポロチームのキャプテンにスポーツ、スーツケースの中身、そして旅のスタイルについてお話を伺いました。

 

ポロとの出会いは?
特にポロや馬関係のバックグラウンドを持つ家系でもなかったのですが、子どもの頃に兄弟姉妹と一緒に馬を飼っていたことがありました。その頃はドレサージュ(馬術)やジャンプなどの訓練をやっていました。 10歳となったある日のこと、とある元英軍大佐からポロスティックを贈られ、「試しにやってみてごらん」と背中を押されたのがポロとの長い付き合いの始まりでした。

 

チャーチル元首相の名言で「ポロのハンディキャップは世界へのパスポートだ」(ポロでは有能な選手ほどハンデスコアが高い)とありますが、ポロで訪れた国や場所、中でもお気に入りの場所はどこでしょうか?
以前、オーストラリアでプレイしていたことがあり、シドニー、ゴールドコースト、そしてメルボルンで長期滞在をしていました。実は、妻はオーストラリア人で、オーストラリアという国を楽しく満喫できました。他には、南アフリカのジョージという都市の近くの海岸線沿いに位置するプレッテンバーグ・ベイにも居たことがあります。そして、もちろんブエノスアイレス、さらにはオークランドにも居ました。世界各地にプレイをしに出掛けています。

 

ポロをプレイすることに関して言えばどの国や場所がお気に入りですか?
ホームグラウンドであるイングランドはもちろんのこと、ツアー先としてはシドニーが気に入っています。また、スペインのビーチでプレイするのもとても楽しいです。

 

思い出深いツアーは?
仲間と旅をするのはいつもとても楽しいです。特に印象深いツアーは、アメリカのフロリダ州で行われた 2009年度ウェストチェスターカップで、我々イングランド代表がアメリカ代表と対戦した試合です。第二次世界大戦以後、初めてアメリカの地で試合をし、さらに勝利を収めることができ特に良い思い出として心に残っています。

 

長時間フライトの過ごし方は?
長時間のフライトも苦ではなくなりました。1 年に少なくとも 1 度はオーストラリアに飛ぶので、長時間フライトにも慣れてしまいました。何本か映画を観て、あとは寝ます。妻との間には映画好きな子どもが 2 人いるのですが、飛行機で移動中に子どもたちが気に入っている映画を観ては子どもたちの話題に乗り遅れないようにしています。

 

お出掛けの際、必ずお持ちになる物は?
カシオの電卓付き腕時計は必ず手にして出掛けます。ちょっと時代を感じる古めかしい腕時計で、周囲からはよく茶化されますが、購入当時は時代を先取っていたと誇りに思える一品です。

 

最近旅行中に読んだ本は?
それほど読書はしませんが、ジョージ・マクドナルド・フレイザーという作家の「The Flashman Papers(ザ・フラッシュマン・ペイパーズ)」という古いシリーズの本は大好きです。

 

最近ご覧になった映画は?
「ザ・グレイテスト・ショーマン」ですが、とても素晴らしい映画作品でした。また、「スターウォーズ」の大ファンでもあるので飛行機で移動中は「スターウォーズ」作品を観ることが多いです。

 

お土産にはどのような物を買われますか?
お土産はそれほど買いません。旅行中に買うものと言えば、たいてい馬ですね。

 

次の旅先はどちらですか?
次の旅行は 10月にアルゼンチンを予定しています。ブエノスアイレスから 1時間ほどの場所に滞在する予定です。アルゼンチンには世界トップクラスのポロシーンがあるため、頻繁にアルゼンチンを訪れます。ポロだけでなく、国としても大変魅力があります。ラテン特有の、のんびりした雰囲気に包まれており、夜遅くまで起きていたり、長いシエスタを取ったりもします。とてもリラックスしたライフスタイルがあり、食事もとても美味しいです。

 

「イングランド・ポロ・コレクション」は、2018年 10月販売。

ニュースレターのご登録

グローブ・トロッターのニュースレターにご登録いただくと、新着製品や限定キャンペーンなどの最新情報をいち早くお届けいたします。