「センテナリー」コレクション、5 つの秘密

02 Oct 18

シェアする

Five Things You Didnt Know About The Centenary Collection - GLOBE-TROTTER

いよいよ今月、グローブ・トロッターはスーツケースにマッチするようデザインされた新しい「センテナリー」レザーコレクションを発表します。グローブ・トロッターにとって画期的な新コレクションとなります。今月はさらに、秋にぴったりのスタイリッシュな新色、バーガンディカラーのケースも発表します。

グローブ・トロッターのスーツケースと言えば、頭をよぎるのはおそらく「センテナリー」コレクションでしょう。滑らかなヴァルカン・ファイバーのボディ、お馴染みのコーナーレザーとレザーストラップは一目見てグローブ・トロッターのケースだとすぐにピンときます。頻繁に似たような物を見る機会はあるものの、他では決して同等のケースは存在し得ないグローブ・トロッターの「センテナリー」はトラベルケースの中でも最も人気が高いコレクションです。今月、永遠のイノベーターとも言える、グローブ・トロッターは、その長い歴史の中で初めて「センテナリー」コレクションのトラベルケースにマッチするようデザインされた全く新しいレザーアクセサリーのシリーズを発表します。

新ラインアップのバッグは贅沢なグレインレザーをボディに使用し、「センテナリー」のトラベルケースを彷彿とさせる滑らかなブライドルレザーをハンドルとコーナーに施しています。新しいコレクションにはトートバッグ、ホールドオール、そしてトラベルケースと全く同じミニラゲッジタグとストラップが付いた新しいボーリングバッグが登場します。さらに、お財布、コインケース、名刺ケース、パスポートスリーブなど、スーツケースとマッチしたデザインのレザー小物類も間もなく登場する予定です。

今月はまた、「センテナリー」トラベルケースの新色としてバーガンディカラーのトラベルケースも新たに発表します。グローブ・トロッターの伝統を象徴するかのような深味のある洗練されたバーガンディカラーのボディに、黒のレザーストラップ、ハンドル、コーナー、さらにゴールドの金具を施したケースは、堂々と「センテナリー」シリーズの仲間入りを果たしました。これら新シリーズの発表を記念して、グローブ・トロッターの定番である「センテナリー」コレクションの 5 つの秘密をご紹介しましょう。

1) 「センテナリー」コレクションはグローブ・トロッターの 100 周年を記念して、1997 年に正式に発表されました。「センテナリー」のスタイルはグローブ・トロッターの所蔵コレクションにあるクラシカルなデザインに基づいており、イギリスにおける「旅の黄金期」へのオマージュを込めたデザインとなっています。

2) スーツケースのトレードマークとも言えるレザーコーナーはビクトリア朝時代にまで遡る伝統の機械で形成されます。製造の全工程がグローブ・トロッターのイギリス工房にて行われ、レザーを液体に浸け、プレスし、乾燥させるといった工程を含む全てのプロセスは 5 日間ほどを要します。出来上がったコーナーピースは、長年の修行を要する手作業でリベット留めされます。

3) 伝統的な雰囲気のオリジナルシリーズとは異なり、「センテナリー」コレクションはよりモダンなカラーコンビネーションを採用しています。スタイリッシュなネイビー × ネイビー、秋らしいシエナやシエナイエローのカラーコンビネーションなどがその代表例です。

4) 多くの「センテナリー」ケースの特別コレクションは通常のそれとはまた別に、独自に存在しています。例えば、ピンクとグレーのエミリア、そして“クルーズ”ブルーがそうした特別版の「センテナリー」コレクションにあたります。 グローブ・トロッターはこれまで長年、著名なデザイナーやブランドとのコラボレーションを行ってきており、「センテナリー」ケースを基にした個性的な限定版を多く作ってきました。代表例として、アーデム、ヴィヴィアン・ウエストウッド、ウォールペーパー・マガジン、ティファニー、そして最近ではグッチといったブランドとのコラボレーションが挙げられます。

5) 「センテナリー」コレクションは世界トップ級のジェットセッターの間で大人気アイテムとなっています。アンジェリーナ・ジョリー、ケイト・モス、デヴィッド・ベッカム、 ディタ・フォン・ティースといった世界的セレブが「センテナリー」ケースの愛用者として知られています。

ニュースレターのご登録

グローブ・トロッターのニュースレターにご登録いただくと、新着製品や限定キャンペーンなどの最新情報をいち早くお届けいたします。