ヴァルカナイズド・ファイバーボード: グローブ・トロッターの秘密

23 May 22

シェアする

ヴァルカナイズド・ファイバーボード: グローブ・トロッターの秘密

伝説的なラゲッジができるまで、厳重に守られた工程をご紹介します― ヴァルカナイズド・ファイバーボード

グローブ・トロッターの特徴とは?まず、スーツケースのデザイン。独特のヴィンテージ・スタイルは、まさに象徴的なものとなっています。そして、ブランドの伝統と、過去125年間そうであったように、すべての製品が英国で手作業で作られているという事実です。しかし、グローブ・トロッターの真骨頂は、その核となる素材であるヴァルカナイズド・ファイバーボードにあります。グローブ・トロッターのスーツケースは、ファーストモデルから最新コレクションまで、すべて丈夫で軽量なことで知られるヴァルカン・ファイバーで作られています。しかし、この不思議な素材はいったい何なのでしょうか?

それは、紙である

ヴァルカナイズド・ファイバーボード(別名ヴァルカン・ファイバー)は、1859年に英国人のトーマス・テイラーにより発明され、英国で特許を得た当時の最新素材です。この丈夫な素材は、精選された良質の木綿や木材繊維で、いくつもの層からなる原紙を、特殊な溶液で加硫(ヴァルカナイズ)し、目的の厚さに圧縮して作られる。その正確な配合は、最も厳重に守られた秘密の一つである。


グローブ・トロッター(Globe-Trotter)ならではのもの

ヴァルカン・ファイバーの形成は、調整された熱の加工と手作業で角度を調整するという職人技を要し、その技術はグローブ・トロッター社の独自開発として1901年にヴァルカン・ファイバーの使用に関する特許が認められました。1902年にグローブ・トロッター製品が英国において登録商品となり、唯一無二のスーツケースブランドとしての地位が確立されました。


サステイナブルであること

生産に使用される紙は、再生紙と持続可能な森林から採取された天然木材パルプの混合物です。1枚の紙を生産するのに何千ガロンもの真水を使うため、ヴァルカン・ファイバーの各工場は大きな川のそばにある必要があります。排水は完全に処理され、採水した水の何倍もきれいな水が川に戻されます。完成したボードには、接着剤、樹脂を一切使用していません。


グローブ・トロッターのスーツケースを作る上で、最も重要な要素

ヴァルカン・ファイバーは、丈夫でありながら信じられないほど軽量です。デリケートで頑固な素材だけに、加工は最も重要かつ困難な作業です。ヴァルカン・ファイバーを目的の形に成形するのは、熱と圧力を正確に組み合わせた技術を使って手作業で行われるプロセスです。一歩間違えれば、素材が割れてしまうこともあり、決して簡単な作業ではありません。


ヴァルカン・ファイバーとともにグローブ・トロッターはこれからも進化し続ける

125年以上経った今でも、特許を取得したグローブ・トロッターの製法は、他の追随を許さない。

ニュースレターのご登録

グローブ・トロッターのニュースレターにご登録いただくと、新着製品や限定キャンペーンなどの最新情報をいち早くお届けいたします。

記事内の関連商品