Take Flight

02 Jul 18

シェアする

Take Flight - GLOBE-TROTTER

ジム・ピーターソン英空軍大尉、第 29 部隊タイフーン戦闘機ディスプレイパイロット

パイロットになりたいと思ったのはいつ頃でしたか?
子どもの頃、両親が航空ショーに連れていってくれた時、飛びたいという希望が心の中で湧きました。

英空軍での日常を教えてください。
この仕事の最も魅力的な点の一つでもありますが、一日として同じような日はありません。とは言うものの、日課として挙げられるのは、実際のタイフーン戦闘機、または、タイフーン戦闘機シミュレーターを操縦しての出撃訓練や、通常飛行訓練における指導や評価を行っております。

良いパイロットになれる資質とは?
機転が利き、反射神経が鋭く、協調性があり、逆境においても自信と冷静さを保てる人ですね。

最初の飛行体験を覚えていますか?
子供のころ、休暇でスペインのマヨルカ島にボーイング 737 機に乗って行ったことを覚えています。離陸の瞬間や窓から見える景色が大好きでした。

最も思い出深いフライトは?
数知れませんが、滅多にないユニークな飛行や、何事においても初飛行がやはり強烈な印象を残しますね。初めて一人で飛行機を操縦した時、初めて軍事作戦に参加した時など、挙げたらキリがありません。

初のソロ飛行を覚えていますか?どのような感覚でしたか?
16 歳の時、グライダーを操縦したのが初ソロ飛行でした。飛行前はとても緊張していましたが、空中に上がった途端にそれまでの訓練を自然と思い出し、問題ありませんでした。座席が縦に並んでいる作りだったので、空中で思わず後ろを振り向いて誰もいないことを確認しました。もちろん誰の姿もなく、機内は私一人でした。

危険なフライトや状況によるストレス・マネージメントはどのようにされていますか?
日々、体力作りに励み、肉体的にも精神的にも強靭な体を維持するよう努めています。予定されているフライトや作戦を頭の中でイメージし、起こり得る事態や偶発事故などへの対処法を頭の中でイメージトレーニングしています。

飛行機恐怖症の人に向けて何かアドバイスはありますか?
とにかく飛行体験を楽しむことですね。旅客機を操縦できるのは非常に多くの訓練を通過したパイロットのみしか操縦できないこと、そして、機体は最新の技術で作られており、常に完全なメンテナンスをされていることを、知識として知っておくと良いかと思います。統計的には、飛行機移動は世界で最も安全な移動手段なのです。

フライト前に必ず行うことはありますか?
必ず事前にトイレを済ませます。タイフーン戦闘機の中にはトイレはありませんからね。

荷造りの際に必ず入れるものは?身分証明書、携帯電話、デビットカードの三種の神器です。

ニュースレターのご登録

グローブ・トロッターのニュースレターにご登録いただくと、新着製品や限定キャンペーンなどの最新情報をいち早くお届けいたします。