グローブ・トロッターがお勧めする旅のポッドキャスト5選

05 May 20

シェアする

Globe-Trotter's Top 5 Travel Podcasts - GLOBE-TROTTER

世界を知りたい、感動したい、という方に。 冒険心を満足させてくれるポッドキャストをご紹介します。

The Travel Diaries
ザ・トラベル・ダイアリーズ


ジャーナリストのホリー・ルベンシュタインさんがMC。 毎週スペシャルゲストが登場し、人生に大きな影響を与えた旅の思い出を、チャプター形式で語ります。 俳優のデーヴ・パテールさんは、ルーツであるインドのムンバイでの伝統文化との触れ合いを、モデルで俳優のポピー・デルヴィーニュさんは世界を飛び回る華やかな暮らしぶりを紹介。 旅がたくさんの人の心に大きな影響を及ぼしていることが実感できる、興味深い番組です。

 

Armchair Explorer
アームチェア・エクスプローラー


トラベルライターのアーロン・ミラーさんによるアクション感満載の新しい旅番組。 冒険家たちの旅をドキュメンタリースタイルで伝えます。 インディアン・ヒマラヤを移動する羊飼いとのトレッキング、世界一狂暴と言われるホホジロザメの襲撃から生還したロドニー・フォックスさんのスリリングな話など、臨場感たっぷりのエピソードに心が沸き立ちます。

 

Extra Packet of Peanuts
エクストラ・パック・オブ・ピーナッツ


トラビス・シェリー、ヘザー・シェリー夫妻が運営するポッドキャスト。 ふたりは旅のオンラインコミュニティ、エクストラ・パック・オブ・ピーナッツを主催して、大金を使わずに飛行機に乗る方法をアドバイスしています。 コミュニティと同名のこのポッドキャストを始めたのは2013年のこと。 毎週、旅のさまざまな情報を発信して人気を集めています。 驚異的な冒険を成し遂げた人へのインタビュー、その国や町で一番〇〇なもののまとめや、長距離フライトの乗り切り方といった実用的なアドバイスなど、気軽に楽しめて、役に立つ情報も得られる、今の私たちにうれしい番組です。

 

The Food Chain
ザ・フードチェーン


旅好きはグルメ好きでもあります。 BBCワールドサービスで放送されているシリーズ番組、ザ・フードチェーンでは、シェフが5つの料理を通して自分の人生を表現し、文化やアイデンティティに料理がおよぼす力についてそれぞれの意見を語ります。 これまで、ケン・ホムさん、ケリス・ハーネットさんとアンジェラ・ハーネットさんなどが出演しました。 また、東南アジアのストリートフードがこれからどうなるかといった旅のグルメの話や、ビーガンとデートする方法、「ステイホーム」中の料理の楽しみ方など、興味深い話も聞けます。

 

Beach Too Sandy, Water Too Wet
ビーチ・トゥー・サンディー、ウォーター・トゥー・ウエット


旅のレビューサイトでは、とても役に立つ情報が見つかることがあります。 かと思えば、A・A・ジルではなく、アラン・パートリッジが書いたようなめちゃめちゃな批評が書き込まれていることも。 このポッドキャストは、アレックス・シーファー、クリスティーン・シーファーの兄弟が運営。 アメリカのレストランや観光地に星ひとつの低評価を付けたレビューの中から、バカバカしいものやぶっ飛んだもの(実際に書き込まれたものです)を次々に読んでいく愉快な番組です。

 

Talking it out with…

ザ・トラベル・ダイアリーのホリー・ルベンシュタインさんにこれからの旅の計画や、ロックダウン中の楽しみについて聞きました。

 

ロックダウン中の楽しみは?
皆さんと同じように、BBC3の『ノーマル・ピープル』にはまっています。 あとは、ネットフリックスの『アンオーソドックス』もすばらしいと思います。 『マスター・オブ・ゼロ』(ネットフリックス)と『マーベラス・ミセス・メイゼル』(アマゾン)は、難しいことを考えずに現実逃避できるのでお勧めです。また、いい機会なので、今まで時間がなくて読めなかった『コンデナスト・トラベラー』や『ロンリープラネット』などの雑誌にじっくり目を通したりしています。 旅心がうずきますね。

 

旅行の制限がなくなったら、真っ先にどこへ行く予定ですか?
I 本当なら今ごろ、イタリアにいるはずでした。 ウンブリア、フィレンツェ、コモ湖などを取材して、いろいろな記事を書く予定だったのです。 だから、まずイタリアの湖に向かいます。 グランドホテル・トレメッツォに滞在して、今回、打撃の大きかった地域の記事を書きたいです。

 

どんなポッドキャストを聞いていますか?
いろいろと、たくさん聞いていますよ。 ダックス・シェパードの「アームチェア・エキスパート」、アレック・ボールドウィンの「ヒア・イズ・ザ・シング」、「ザ・ニューヨーク・タイムズ・デイリー」、「ザ・ニューヨーカー・ラジオ・アワー」、「ザ・ペレス・ヒルトン・ポッドキャスト」、「S-タウン」、「オプラズ・スーパー・ソウル・カンバセーション」、「トゥデイ・イン・フォーカス」など。 最近では「テーブルマナーズ・ウイズ・ジェシー・ウエア」のメルとスーのエピソードや、「ザ・アダム・バクストン・ポッドキャスト」のロメシュ・ランガナタンがおもしろかったです。

 

ザ・トラベル・ダイアリーのゲストで、あなたを驚かせた人はいますか?
ゲストの皆さんはとても誠実に話をしてくださって、私はいつも驚いたり、感謝したりしています。 先日、ジョー・マローンさんが出演して、これまでの人生でいちばん苦労したときのことを話してくださいました。リスナーのみなさんは、彼女の心の広さにきっと感動したと思います。 マジシャンのダイナモさんのときも、そうでしたね。

 

おいしいものが食べたいときは、どこに旅行すればいいですか?
リスボンでしょう。 バイロ・ド・アヴレス、カンチーニョ・ド・アヴレス、薬局博物館のテラスなどがお気に入りのレストランです。 それからパラシオ・シアード。ここはもと宮殿だったところを改装したレストランで、部屋ごとに違う料理が楽しめます。

 

冒険旅行に最適なのは?
ムサンダム半島です。 オマーンにありますが、ドバイ経由で行きます。切り立った岩山の風景がすばらしく、ノルウェーのようなフィヨルドも見られます。ダイビングスポットとしてとても人気があるんですよ。 ここにあるシックス・センシズ・ジギー・ベイというホテルへは、山の上からなんとパラグライダーで行くこともできます。

 

ロマンスに最適な旅先は?
プラハです。 角を曲がるたびに、美しい街並みが次々に目に入ります。 夫と一緒に真冬のプラハに行ったことがありますが、道には雪が積もり、空は真っ青でした。 もちろん夏に行っても、ロマンチックな町であることは間違いありません。

 

最後に、最も景色が美しいのは?
アメリカですね。 去年、コロラド州、アリゾナ州、ユタ州、カリフォルニア州を7週間かけて旅をしました。スケールが大きくて、多様性に富んだ風景は、必ずもう一度見に行きたいと思います。 それからアイスランド。 何もかもが、まるで別世界です。

ザ・トラベル・ダイアリーはこちらから。

ニュースレターのご登録

グローブ・トロッターのニュースレターにご登録いただくと、新着製品や限定キャンペーンなどの最新情報をいち早くお届けいたします。